【制度の使いこなし方】NISAが変わる~その3 NISAとつみたてNISA~

【カテゴリー】制度の使いこなし方| オフィス・ラ・クレ 2. 制度の使いこなし方

NISA制度とは、投資をする人のための非課税制度です。

  • 2014年に一般NISAが10年間の制度としてスタート。2023年に10年目を迎えます。
  • 2016年にスタートしたジュニアNISA。これは10年目でストップし、一般NISAに切り替わります。
  • 2018年にスタートしたつみたてNISAは、2037年までの制度でしたが、5年延長されて2042年までの制度になります。まだまだ継続します。

以前のコラムにも書いています。

2023年に10年目の節目がやってくる一般NISA。2024年からは延長されるの?ストップするの?気になるところですね。答えは、一般NISAは5年延長する、です。ただし、制度は変わります。今までは投資商品(株式など)を買うための特別口座1本立てでしたが、新NISAは2本立てになります。

新NISA=つみたてNISA(非課税枠20万円)+一般NISA(非課税枠102万円)の2本立て

こちらのコラムにも書いています。

「容子先生、新NISAがつみたてNISAと一般NISAの2本立てになるのなら、買えるものは一緒なんですか?」

「それはちがいますね、つみたてNISAで買えるものと一般NISAで買えるものはちがいます」

「具体的に教えてください!」

つみたてNISAで買えるもの

手数料が低水準、頻繁に分配金が支払われないなど、長期・積立・分散投資に適した公募株式投資信託と上場株式投資信託(ETF)に限定されています。具体的にはこちら。

つみたてNISA対象商品届出一覧(運用会社別)

(金融庁ホームページより)

一般NISAで買えるもの

株式投資信託、国内・海外上場株式、国内・海外ETF、ETN(上場投資証券)、国内・海外REIT、新株予約権付社債(ワラント債)

「つみたてNISAで買えるものは限定されていますね」

「えーと、〇〇会社の株式を買いたければ?」

一般NISAですね」

「投資信託だと?」

投資信託によります

「お金を積み立てて買うものは全部つみたてNISAじゃないといけないんですか?」

「いえいえ、積立で買うときも一般NISAは使えますよ」

「はああ・・・なんだかむずかしい。何を買えばいいんですか?」

「そうですね、投資の鉄則は、自分でわかる商品だけ買う、ということです。わからないものには手を出さない」

「そうなんですね」

「そうです。商品の説明はわかるまで聞きましょうね」

「はい、容子先生。あの、容子先生、私、たぶんつみたてNISAは使わないと思うんですけど、新NISAが始まったらつみたてNISAの枠も開かないといけないんですか?」

「大丈夫ですよ。一般NISAを使っている人が新NISAに移るときには、一般NISA部分だけ使うことを届け出ることもできます

「だったらそうしようかな」

「ただし、気をつけてくださいね。もし一般NISA部分だけを使うことを届け出たら、一般NISAを使って買えるのは個別株式だけになります」

「えっ?それ以外買えないんですか?」

「そうなんです。株式投信やETF、REITなどへの投資はできません。株式投資信託やETF、REITなどを買うにはつみたてNISA部分を先に使うことになりますからね」

「ええ、そうなんだ・・・」

「それと、年間の投資枠は102万円までですよ」

「えっ?そ、そうか、投資信託を買いたければつみたてNISA枠も開かないといけない?」

「そうですね」

「えっ、どうしよう・・・」

「新NISAが始まるのは2024年からです。まだ時間はありますからゆっくり考えましょう」

「はい、そうします!」

今日のポイント

  • 一般NISAとつみたてNISAで買えるものはちがう
  • 新NISAでは一般NISA枠のみを選ぶこともできるが買えるのは個別株式のみ、非課税の枠は102万円になる

ご質問やお問い合わせなどは、以下のフォームからどうぞ。

当サイトは、お客様の個人情報について、お客様の承諾がない限り第三者に開示、提供を一切行いません。ご提供いただいた個人情報を取り扱うにあたり管理責任者を置いて、適切な管理を行っています。

*は必須項目です。

◆ お問い合わせ内容
個別相談についてのお問い合わせセミナーについてのお問い合わせ講師依頼についてのお問い合わせその他、ご質問やお問い合わせ

◆ お名前 *

◆ メールアドレス *

◆ ご質問やお問い合わせの内容をご記入ください。

 個人情報の取り扱いについて、同意の上送信します。(確認画面は表示されません。)

タイトルとURLをコピーしました