【制度の使いこなし方】特別編・持続化給付金の追加支給とは?

【カテゴリー】制度の使いこなし方| オフィス・ラ・クレ 2. 制度の使いこなし方

持続化給付金の追加給付が6月8日から始まりました。追加給付といっても、個人事業者100万円、法人200万円の限度額はそのままです。では追加給付とは何でしょうか?

持続化給付金は、最初は10万円未満切り捨てで支給されていました。それが、1円未満切り捨てで支給されると変更になり、今まで切り捨てされていた10万円未満の金額が支給されることになったのです。中小企業庁より、5月9日に通知が出されています。

持続化給付金の給付額における10万円未満の金額の取り扱いについて

(中小企業庁)

どういうときに追加給付がされるのでしょうか?

例をあげてみますね。

  • 2019年中の売上が3,548,769円
  • 2020年中で50%以上減少した月の売上が235,941円

このとき持続化給付金は、

3,548,769円-235,941円×12=729,477(1円未満切り捨て)

今までは、10万円未満切り捨てで、70万円支給されていました。10万円未満の切り捨てられていた金額は29,477円。29,477円が今回、追加支給されることになります。

追加支給は6月2日から始まっています。

給付額の算定方法変更に伴う対応について

(中小企業庁 持続化給付金サイト 制度内容)

持続化給付金が導入されてわずか1ヶ月半で変更点が2つあります。1つ目は今回の給付額の計算、2つ目は、対象者の拡大です。今まで対象ではなかった、

  • 今年創業した事業者
  • 外注で仕事を受けているが事業所得で申告していない方

にも対象が広がる予定です。

持続化給付金は、導入後1ヶ月半で変わりました。これほど短時間で変わるのはめずらしいですが、1年に一度必ず変わる税金の制度もあります。

制度は変わるものです。今後も、制度が変わるたびにお伝えしていきますね。変化を早くキャッチして、上手に制度を使いこなしていきましょう。

今日のポイント

  • 持続化給付金は10万円未満切り捨てから1円未満切り捨てに変わり、6月2日より10万円未満の切り捨てられた金額が追加支給されています
  • 制度は変わるもの、上手に使いこなしましょう

ご質問やお問い合わせなどは、以下のフォームからどうぞ。

当サイトは、お客様の個人情報について、お客様の承諾がない限り第三者に開示、提供を一切行いません。ご提供いただいた個人情報を取り扱うにあたり管理責任者を置いて、適切な管理を行っています。

*は必須項目です。

◆ お問い合わせ内容
個別相談についてのお問い合わせセミナーについてのお問い合わせ講師依頼についてのお問い合わせその他、ご質問やお問い合わせ

◆ お名前 *

◆ メールアドレス *

◆ ご質問やお問い合わせの内容をご記入ください。

 個人情報の取り扱いについて、同意の上送信します。(確認画面は表示されません。)

タイトルとURLをコピーしました