【お金とのつきあい方】資産運用③~2,000万円準備、する?

【カテゴリー】お金とのつきあい方| オフィス・ラ・クレ 3. お金とのつきあい方

資産運用を考えるとき、一番効率的な資産運用は?一番増える資産運用は?と考えてしまいがちです。でも、それよりも大切なことは、何のために、そしていつまで運用するのか?です

何のために資産運用するのか?いつまで資産運用するのか?これをまず考えてから資産運用の方法を考えていきましょう。と、以前のコラムでお伝えしました。

目的とゴール地点を考えたら、次はどのように運用していくか?です。でもその前にまた考えることが。準備するべき金額はいくら?

以前のコラムで、老後資金を運用する!と決めたご相談者の方。私から60歳から100歳の40年間に必要なお金を考えてきてください、という宿題を出されました。その続きです。

「容子先生、宿題、考えてきました・・・」

「お、えらいえらい。よくがんばりましたね」

「今後40年間に必要なお金なんかふだん考えないから、大変でした・・・」

「おつかれさまでした。将来必要なお金はいくら?なんて考えないことが多いですから、大変な作業なんですよ」

「本当につかれちゃいました。で、この金額です」

「7,200万円」

「すごい金額でしょう?無理ですよ、貯めるなんて無理!私資産運用やめます!」

「まあまあ、落ち着いて。この金額は、使うお金の金額ですよね?」

「え?はい、そうです。毎月の生活費をだいたいで計算して、40年分です、だから無理・・・」

「泣かない泣かない、それで、収入は?」

「は?収入?」

「必要なお金ですよ、収入はないですか?支出だけ?65歳から年金がもらえますよね?」

「あっ、あー!忘れてた!」

「私の説明も悪かったですね、ごめんなさい。必要なお金は、収入から支出を引いた金額です。年金の金額は・・・ねんきん定期便はありますか?」

「ありますけど、この金額ですか?」

「35歳ですから、この金額じゃないですね。では、たぶんこれだけ計算をしてみましょう」

たぶんこれだけ計算とは、“たぶんこれだけ年金をもらえるんじゃないかなあ”というざっくりの金額を計算する方法です。ちなみにたぶんこれだけ計算という言葉は、私が作った言葉なので、私以外には通用しません。

50歳未満の人が受け取るねんきん定期便には、実際にもらえる金額の見込額はまだ書いていないので、このたぶんこれだけ計算を使います。

  • ねんきん定期便の加入実績に応じた年金額 の金額
  • 今から60歳までの年数×19,000円
  • 今から60歳までの年数×今の年収×0.54%

この3つの合計額が、あなたの “たぶんこれだけ年金をもらえるんじゃないかなあ” 金額です。

「容子先生、計算してみました。135万円です」

「それを65歳から100歳まで35年間もらえるとするといくらになりますか?」

「135万円×35年で、4,725万円です」

「あと、会社から退職金ありませんか?会社で何か積立ててるとおっしゃってませんでしたっけ?」

「あっ、会社の退職金で毎月20,000円積み立ててます。これは入社してから積立ててますから、それとそれと、会社で社内預金もしてます!そっかそっか、これ、退職してから受け取れるんだった!」

「まあまあ、落ち着いて。では必要なお金を計算していきましょうね」

「はいっ」

「支出はもう計算してますから、収入ですよね。

  • 年金が4,725万円
  • 退職金の積立が900万円
  • 社内預金が900万円

で、合計は6,525万円が収入予定ですね。で、これでかかる費用7,200万円を引くと?

6,525万円-7,200万円=マイナス675万円ですね。必要な金額が675万円と出ましたね」

「えっ?あれっ?」

「どうしました?」

「2,000万円いるはずじゃ?」

「え?どうしてですか?」

「えっ、だって、2,000万円いるって・・・」

「誰がそういいました?」

「えっと・・・いいです。2,000万円より少ないから・・・」

「少ないですね。よかった。まあ、他に趣味の費用とか色々考えて、1,000万円必要としてみましょうか」

「2,000万円じゃないんだ・・・」

「もしもし?」

一口に老後資金といっても、必要な金額は人それぞれです。老後資金に必ず2,000万円が必要というわけではありません。あなたに必要な金額をきちんと知っておきましょうね。

「容子先生、次にすることは?」

「おお、復活しましたね。毎月老後資金用に回せるお金はいくらくらいでしょう?」

「1万円くらい、ですね」

「じゃあ、これからこれから25年間で毎月1万円とすると、300万円ですね。これを1,000万円にするとなると、運用利回りは8%」

「そんな資産運用ができるものがありますか?」

「まあ、むずかしいですね」

「えー?」

「まあまあ、これを毎月2万円にすると、3%です」

「じゃあ、3%で」

「2万円にできます?」

「う、うーん・・・、あっ、容子先生、社内預金をやめれば資産運用に回せます!」

「いやいや、ちょっと待って!そんなことしたら、必要な金額が変わってしまいますよ!」

「あっ、そっか・・・じゃあ、どうしようかな」

「他に老後資金に回せる預金などがあるかどうかも確認して、自分がどのように資産運用していくか、マイルールを決めてから動きましょう」

「マイルール?」

「決め方は次回でお伝えしますね。今日はここまでにしましょう」

「わかりました。社内預金やめよかな・・・」

「まだ、解約しないでくださいね」

資産運用を始める日が近づいてきました。

  • 資産運用の 目的
  • いつまで資産運用するのか
  • 資産運用して準備する必要金額
  • 今、資産運用に使える金額
  • 運用利回りをどうするか

ここまでやってきました。金額が具体的になってくると、間に合わない、できない、やっぱり無理!というマイナスの気持ちが強くなってきます。

でも他でもないあなた自身のこと、今のあなた自身に重すぎる負担もかけず、そして将来の自分の負担をなるべく軽くするために、一番いい資産運用方法を考えていきましょう。

次回は一番大切といってもいい、投資のマイルールを決める、です。

ご質問やお問い合わせなどは、以下のフォームからどうぞ。

    当サイトは、お客様の個人情報について、お客様の承諾がない限り第三者に開示、提供を一切行いません。ご提供いただいた個人情報を取り扱うにあたり管理責任者を置いて、適切な管理を行っています。

    *は必須項目です。

    ◆ お問い合わせ内容
    個別相談についてのお問い合わせセミナーについてのお問い合わせ講師依頼についてのお問い合わせその他、ご質問やお問い合わせ

    ◆ お名前 *

    ◆ メールアドレス *

    ◆ ご質問やお問い合わせの内容をご記入ください。

     個人情報の取り扱いについて、同意の上送信します。(確認画面は表示されません。)

    タイトルとURLをコピーしました