【制度の使いこなし方】投資して将来に備えたい、IかNか、それともS?~N その2~

【カテゴリー】制度の使いこなし方| オフィス・ラ・クレ 2. 制度の使いこなし方

投資して将来に備えるならこの制度を使うとオトク!と言われるiDeCoとNISA。1回目はiDeCo、2回目はNISA。3回目の今日は、つみたてNISAです。

「容子先生、iDeCoは会社員だと使えないことがありますけど、NISAとつみたてNISAは会社員でも使えますよね?」

「そうですね、会社員でも大丈夫です。会社に退職金制度で企業型確定拠出年金制度があれば、iDeCoを使えないことがありますからね」

「それで私はiDeCoを使えないんですよね。残念です。でも、NISAなら使えるみたいですから、NISAとつみたてNISAを使おうかと思ってるんです。どうでしょうか?」

「NISAとつみたてNISAですか?NISAとつみたてNISAはどちらか一つしか使えませんよ?」

「えっ、そうなんですか?両方使えないんですか?」

「今のところはどちらか一つだけですね。1年ごとに変えることはできるんですが、ややこしいですよね。今年はこの銀行のNISA口座、来年はこの銀行のつみたてNISA口座、とか」

「ええ、それはややこしいです、したくないです・・・」

「ですよね。それに、NISA口座とつみたてNISA口座では、買える投資商品がちがうんです」

「えっ?つみたてNISAって、NISAのつみたてバージョンじゃないんですか?」

「つみたてNISAイコールNISAのつみたてバージョン、ではないんですね」

NISAとつみたてNISAは同じところもあればちがうところもあります。

同じところ→投資したときの配当や売った利益には税金がかからない

ちがうところ→

  • 税金がかからない特別枠はNISAが毎年120万円で5年間、つみたてNISAが毎年40万円で20年間
  • つみたてNISA口座を使って投資できる商品は決まっています
  • NISAは2023年までしか投資できない予定ですので、NISAを使えるのは2028年までです 。つみたてNISAは2037年まで投資することができます

つみたてNISAの概要

(金融庁ホームページより)

「うーん・・・NISAとつみたてNISA、どっちを選んだらいいかわからなくなりました。容子先生、どうしましょう?」

「そうですね。投資するのは初めてですか?」

「はい、初めてです」

「投資したい投資商品は決まっていますか?」

「いえ、特には決まっていません」

「例えば、個別の株式を買いたい場合はNISAを選ぶといいですね。つみたてNISAでは個別の株式は買えませんから」

「容子先生、個別の株式って何ですか?」

「どこどこの会社の株、のことを個別の株式といいます」

「ああ、株ですか」

「株は気がすすみませんか?」

「株だと、株価を調べたりとかしないといけませんよね?あまり手間がかかることはしたくないんです」

「そうなんですね」

「あと、容子先生、私、年間120万円も投資しないと思うんです。NISAを使うとなんだかもったいない気がします。それに、NISAは2028年で終わるんですよね?」

「その予定ですね」

「終わった後とか色々手続もややこしいでしょう、つみたてNISAの方が使いやすい気がします」

つみたてNISAは、買うことができる投資商品が決まっていますから、商品のラインナップを確認してみて、買いたいものがあったらつみたてNISA口座を使うといいと思いますよ」

「私はつみたてNISAを使った方がいいような気がしてきました。でももし、つみたてNISAで買えないものを買いたくなったら同時にNISA口座は使えないんですよね?そんなときはどうしましょうか?」

「そんなときには一般の口座を使えばいいんです」

「一般の口座?」

「それは次回でお話ししましょう」

今日のポイント

  • NISAとつみたてNISAは同時には使えない
  • 買いたい投資商品によって、使う口座を考えましょう

ご質問やお問い合わせなどは、以下のフォームからどうぞ。

当サイトは、お客様の個人情報について、お客様の承諾がない限り第三者に開示、提供を一切行いません。ご提供いただいた個人情報を取り扱うにあたり管理責任者を置いて、適切な管理を行っています。

*は必須項目です。

◆ お問い合わせ内容
個別相談についてのお問い合わせセミナーについてのお問い合わせ講師依頼についてのお問い合わせその他、ご質問やお問い合わせ

◆ お名前 *

◆ メールアドレス *

◆ ご質問やお問い合わせの内容をご記入ください。

 個人情報の取り扱いについて、同意の上送信します。(確認画面は表示されません。)

タイトルとURLをコピーしました