【お金とのつきあい方】レジ袋有料化で習慣が変わる?

【カテゴリー】お金とのつきあい方| オフィス・ラ・クレ 3. お金とのつきあい方

2020年7月1日からレジ袋が有料化されました。コンビニ、スーパーマーケットなどのお店で今まで無料だったレジ袋、プラスチック製の袋が有料になります。金額は店によりますが、3円や5円という金額をよく見かけます。もちろん、店によっては無料のままで袋をつけるところもありますが、そのためにはプラスチック製ではなく、紙袋やバイオマス素材など、環境に配慮した素材でなければなりません。

2020年7月1日よりレジ袋有料化がスタートします。

(経済産業省ホームページより)

7月1日からプラスチック製のレジ袋が有料化されるのを見越して、すでにレジ袋を有料化して、必要な人には購入してもらう形をとっているお店もあります。

そこで注目されてきたのがマイバッグ。エコバッグという商品名で色んなところで売られています。あなたはマイバッグを持ち歩いていますか?どんなマイバッグを持ち歩いているでしょうか?

私が子どもの頃は近くにスーパーマーケットがなく、小さな商店が並ぶ商店街が買い物の場でした。無料の袋を配る習慣はありませんでしたから、買い物カゴを持って歩く親についていったことを覚えています。買い物カゴはスーパーマーケットに置いてあるカゴのような大きさではなく、雑貨店に置いてある小さ目のカゴくらいの大きさでしたので、あまりたくさんものは入りません。そんなときに買い物カゴに入れてある風呂敷と私の出番でした。風呂敷を広げ、買ったものを包んで転がり落ちないようにしっかり包む。持つのは私の役目です。買い物カゴと風呂敷がマイバッグだったというわけですね。スーパーマーケットができて、無料のプラスチック製レジ袋が配布されるようになったら、いつのまにか買い物カゴと風呂敷は持ち歩かないようになりました。

そんなことを思い出して、いつも仕事で使うカバンに入れているA4サイズのマイバッグに加え、風呂敷を入れてみました。けっこう便利です。小さなものを買ったのならバッグタイプにぽんぽんと放り込みますが、少し大きめのものを買ったときには形が自在に変えられる風呂敷だと包んだときに買ったものの形に変わってくれるのでとても楽です。何より、風呂敷はたためば小さくなり、場所もとりません。風呂敷をマイバッグにするのもいい案ですよね。

時代はマイバッグ、なのであれば、いずれはマイバッグを持ち歩くのがスタンダードになるでしょう。初めてエコバッグを持つ、という人に風呂敷もいいですよ、という話をするとこんな答えが返ってきました。

「容子先生、帰りに買い物をしなきゃエコバッグを持つ必要もないんですよね。仕事帰りに買い物をする習慣を変えようかな」

それも一つの案ですねえ。

ご質問やお問い合わせなどは、以下のフォームからどうぞ。

当サイトは、お客様の個人情報について、お客様の承諾がない限り第三者に開示、提供を一切行いません。ご提供いただいた個人情報を取り扱うにあたり管理責任者を置いて、適切な管理を行っています。

*は必須項目です。

◆ お問い合わせ内容
個別相談についてのお問い合わせセミナーについてのお問い合わせ講師依頼についてのお問い合わせその他、ご質問やお問い合わせ

◆ お名前 *

◆ メールアドレス *

◆ ご質問やお問い合わせの内容をご記入ください。

 個人情報の取り扱いについて、同意の上送信します。(確認画面は表示されません。)

タイトルとURLをコピーしました