会議と移動は時間泥棒?

【カテゴリー】ようこせんせいのひとりごと | オフィス・ラ・クレ 4. ようこせんせいのひとりごと

“会議と移動は時間泥棒”

新聞にこんな見出しの記事が載っていました。記事を読むと、会社を世界的にも通用する企業にするため、社長が考えた結果が “長時間労働をやめよう” であり、時間を短縮できるところを探したら “会議と移動” だったということです。

この会社にとってはこれが効果を上げる方法だったんでしょう。今のところ、それが一番いい方法なんでしょうね。

新聞でこの見出し”会議と移動は時間泥棒”を見たとき、私の頭の中に浮かんだのはあるお話でした。それは、ミヒャエル・エンデという人の書いた “モモ”というお話。

主人公の女の子、”モモ”がある町にやってきて、住人たちと友人になり、はじめは仲良く暮らしています。ところがある日、”時間どろぼう”である”灰色の男たち”がやってきて、住人たちの時間をうばっていき、住人たちはどんどん『時間を節約しなければ!』『こんな無駄なことはしてはいけない!』と余裕がなくなっていきます。そして楽しかったモモとの時間もなくなっていき、町はうつろな目をしてせかせか動きまわる人ばかりになります。

そこでモモが仲間たちと立ち上がり、灰色の男たちと対決して住人たちの時間を取り戻す、というお話です。

この話の中に出てくる”時間どろぼう” は、住人たちにこうささやきます。「時間を節約して、貯蓄しなさい。倹約した時間は、倍になって戻ってくる。貯めた時間は、将来自由に使えますよ」

”時間どろぼう”はこうもささやきます。「あなたが浪費している時間を節約しましょう。そうすれば、節約した時間は倍になって戻ってくる。その時間を使って、あなたの生活を豊かにしましょう」

今まではその “浪費している時間” が心地よいものであり、その時間が住人たちに与えていた余裕がどんどんなくなります。おこりっぽくなり、思いやりがなくなります。なのに、あるはずの時間は、手元に残らないのです。”時間どろぼう”に時間を盗まれてしまったのです。

冷静に考えれば、時間は過ぎ去っていくばかりなのですから、手元には残らないですよね。もちろん、貯めていくなんてできない。

記事に載っている”会議と移動”が、”モモ”に出てくる”時間どろぼう”になるのかな、と私は思ったのです。

この記事の見出し”会議と移動は時間泥棒”を見て、会議と移動をやめれば働く時間は少なくなる!と思いこみ、「会議と移動をやめて時間を節約しよう!」と言う人も出てくるかもしれません。

でも、”会議”は、お互いの意見を面と向かって交換しあう場所でもあります。”移動”している間に、会社の中にいては見えないものを見ることができ、それが仕事に結びつくかもしれません。本当にこの二つは時間泥棒、時間の浪費なのでしょうか?

“浪費” と思われる時間に、大切なものが隠れているかもしれないのです。そして、節約した時間は戻ってこない。

果たして、誰が、何が、“時間泥棒” なのか。

そんなことを考えている時間も、もしかしたら時間の浪費なのでしょうか。

あなたは、どう思います?

ご質問やお問い合わせなどは、以下のフォームからどうぞ。

    当サイトは、お客様の個人情報について、お客様の承諾がない限り第三者に開示、提供を一切行いません。ご提供いただいた個人情報を取り扱うにあたり管理責任者を置いて、適切な管理を行っています。

    *は必須項目です。

    ◆ お問い合わせ内容
    個別相談についてのお問い合わせセミナーについてのお問い合わせ講師依頼についてのお問い合わせその他、ご質問やお問い合わせ

    ◆ お名前 *

    ◆ メールアドレス *

    ◆ ご質問やお問い合わせの内容をご記入ください。

     個人情報の取り扱いについて、同意の上送信します。(確認画面は表示されません。)

    タイトルとURLをコピーしました