【制度の使いこなし方】税金②~頭痛薬のレシートを残して置いた方がいい理由

【カテゴリー】制度の使いこなし方| オフィス・ラ・クレ 2. 制度の使いこなし方

病院に支払った費用が1年間に10万円を超えた場合は、確定申告をすると税金が少なくなる可能性がある、と以前のコラムで書きました。※収入によっては10万円を超えなくてもいい場合もあります。※

これを、医療費控除の制度といいます。確定申告の時期にはよく目にする言葉かもしれませんね。

でも、病院に1年間で10万円を支払うなんて、めったにありませんよね?

風邪気味かな?と思ったら早めに就寝するとか、長引いているならドラッグストアで風邪薬を買って治す。実は私はいつもそうやって治します。病院が好きではないので、なるべく行かないようにしています。あなたもそうでしょうか?

最近のご相談者で、病院へはあまり行かないけれども、頭痛薬や鎮痛剤をよく使う、という方とお話をしました。

「容子先生、昨年は入院と手術をしたので、病院代がたくさんかかったんです。20万円も払ったので、確定申告をしたんですよ。手続はちょっと面倒でしたけど、税金が少し戻ってきたのでよかったかな」

「入院されてたんですか!今は体調いかがですか?」

「今は大丈夫です。ありがとうございます。ところで容子先生」

「はい?何でしょうか?」

「前ちらっと容子先生から聞いたんですけど、頭痛薬のレシートを置いておいた方がいいっておっしゃったじゃないですか、税金が戻ってくるかもしれないからって。だからレシート持ってきましたよ」

「あっ、レシートをわざわざ持ってきてくれたんですか、ありがとうございます」

「これ、何に使うんですか?」

セルフメディケーション税制というものに使います。スイッチOTC医薬品を買った金額が年間12,000円を超えたら、医療費控除の代わりに税金を少なくすることができる制度ですね」

「えっと、容子先生、よくわかりませんが・・・スイッチがどうしたんですか?」

「ですよね。実際にレシートを見ながら説明しましょう」

レシートにもよりますが、「このマークのついているものはセルフメディケーション税制対象商品です」などの表示があり、マークがついている商品があれば、セルフメディケーション税制の対象になります。

「容子先生、頭痛薬のレシートです。このマークがなんとか薬品っていうものですか?」

「ええと、そう、これがスイッチOTC医薬品と言われる薬ですね」

「同時にビタミン剤とドリンクも買ったんですけど、これはスイッチなんとかではないんですね」

「ん?あ、そうですね。マークが入っていないということはちがいますね。対象になる成分が決まっているので、このビタミン剤とドリンクには入っていないみたいですね」

「へえ~、薬全部じゃないんですね。容子先生、私、この頭痛薬けっこう買うんです。常備薬にしてます。あと鎮痛剤も」

「鎮痛剤も?じゃあ、このリストで対象になるかどうか見てみましょうか」

セルフメディケーション税制対象医薬品 品目一覧(全体版)

2019年7月現在・厚生労働省ホームページより

「あっ!あった!これもセルフなんとか!」

「ありましたか!他にも常備薬にしてるものとか、買うものとかは入っていますか?」

「たまに買うものも入ってます。オー何とかだったんだ・・・」

「OTCスイッチ、ちがう、スイッチOTC医薬品ですね」

「容子先生もまちがうんですね・・・」

「私だってまちがうこともあります・・・ところで、頭痛薬とか鎮痛剤とかって、月どのくらい買います?」

「月にどのくらい買う?どういうことですか?」

「んー、じゃあ、常備薬としていつも1箱置いてる、とかですか?」

「あっ、頭痛薬は2箱置いてます。なくなったら買ってます。鎮痛剤は、1箱置いてます。」

「じゃあ、月に1回は買いにいく感じですか?」

「そうですね、毎月買ってるかも」

「えっと、ちょっと金額調べてみますね・・・月に頭痛薬と鎮痛剤を買ったら1,000円は超えますか、ね?」

「どうなんでしょう。計算してみたことはないです」

「ですよね、まあ、月に1,000円超えるということは、年間では12,000円を超えるかもしれませんね」

「そうなりますよね。でも、入院の10万円よりは安いですけどね。12,000円がどうかしたんですか?」

「スイッチOTC薬品を年間12,000円を超えて買うと、税金が安くなる可能性があるんですよ、それが、セルフメディケーション税制、医療費控除の特別バージョンです」

「えっ、そうだったんですか?」

「そうなんです!でも税金が安くなるには12,000円以外にも条件があるんですね」

条件については詳しくはこちら(国税庁ホームページ)に載っています。まとめてみました。

  • その年に健康診断を受けていること
  • 医療費控除とは一緒に使えません。
  • 会社員の方も、確定申告をする必要があります。

「おおーなるほど!でも容子先生、1年間どのくらい買ったのか12月にならないとわからないですよね」

「そうですよ、だから、頭痛薬のレシートは?」

「あっ、置いておく!」

「そうです!医療費の領収書とマークが入っているレシートは年が明けるまで置いておきましょうね」

「はい、さっそく保管しておきます!」

医療費控除もセルフメディケーション税制も、領収書は必ず置いておきましょう。

領収書を提出する必要はありません(2019年現在)が、領収書がないと、合計額がわかりませんし、もし確定申告をした場合には、領収書は保管しておく必要があります。

病院へ行ったときの領収書、マークが入っているレシートは、とりあえず12月末日までは保管しておきましょう。

今日のポイント

  • 病院の領収書とマーク入りのお薬のレシートは12月末まで保管する
  • 病院の領収書の合計が10万円を超えていれば医療費控除、マーク入りのお薬のレシートの合計が12,000円を超えていればセルフメディケーション税制
  • 確定申告は必要です

ご質問やお問い合わせなどは、以下のフォームからどうぞ。

    当サイトは、お客様の個人情報について、お客様の承諾がない限り第三者に開示、提供を一切行いません。ご提供いただいた個人情報を取り扱うにあたり管理責任者を置いて、適切な管理を行っています。

    *は必須項目です。

    ◆ お問い合わせ内容
    個別相談についてのお問い合わせセミナーについてのお問い合わせ講師依頼についてのお問い合わせその他、ご質問やお問い合わせ

    ◆ お名前 *

    ◆ メールアドレス *

    ◆ ご質問やお問い合わせの内容をご記入ください。

     個人情報の取り扱いについて、同意の上送信します。(確認画面は表示されません。)

    タイトルとURLをコピーしました