【制度の使いこなし方】有給休暇を「とらされる?」

【カテゴリー】制度の使いこなし方| オフィス・ラ・クレ 2. 制度の使いこなし方

知っていても使ったことはあまりない、それが有給休暇。理由はなんでもいい、自由に使えるお休み。それが有給休暇。

でも、会社から有給休暇をとりなさい、と言われたら?

「容子先生、有給休暇って、そもそも何ですか?ちょっとおかしいことがあったんですけど!」

「おっ、口調が荒いですね。どうしました?と、それを聞く前に・・・有給休暇とは何か?ですね?」

「そうです!」

「まあまあ、落ち着いて、じゃ、有給休暇とは何か?を聞きながらちょっとクールダウンしてください」

有給休暇とは、会社員であれば、ほとんどすべての人が持っている特別な休暇です。働く日数や時間が短い人はつかない場合もありますが、ほとんどの人は持っています。

有休休暇を持つためには条件があります。

  • 入社してから6ヶ月以上経っていること
  • 働くべき日数のうち、8割以上出勤していること
  • 1年間で48日以上働く予定であること(1週間1日以上働いていたらOKです)

「一定の日数、6ヶ月間、きちんと出勤して働いたら、6ヶ月目以降は特別休暇をつけてあげるよ、ということですね」

「容子先生、有給休暇は、会社の特別休暇とはちがいますよね?」

会社の特別休暇とはちがいます。会社の特別休暇は、その会社でしか使えませんよね?有休休暇は、会社で雇われて、お給料をもらって働いている人すべてが持っている権利です」

「特別休暇は会社が取る日を決めてますけど、有給休暇って自分が好きなときにとっていいんですよね?」

「そうですよ」

「そうですよね、なのに容子先生!」

「は、はい」

有給休暇を5日取らなくちゃいけなくなったんですか?」

会社が取らせる義務がある、と決まりましたからね」

「で!5日はとってね、と言われたんです。言われなくてもとるのに。会社に有給休暇をとってと言われるなんて!」

「ま、まあ、落ち着いて。 2019年4月に会社が有給休暇を1年に5日以上取らせる義務がありますよ、でないと、罰則がありますよ、と変わったんです。ですから、会社もそう言ったんじゃないですか?」

「えっ。そうなんですか?決まったんですか」

「そうなんです。今までは有給休暇をとるのは個人の自由にまかせていたんですが、あまりにも有給休暇をとる日数が少なすぎるんじゃないか、ということで、全部の会社にとらせなさい、ということになったんですよ」

「それで、有給休暇とりなさい、なんですね。うちの会社は有給休暇をとってる人が多いですよ。1年に5日ですか?」

「そうです」

「それくらいみんな取ってるかも」

「それなら今まで通りで大丈夫ですよ」

「強制するような言い方が気に入らなかったんですけど、会社も仕方なく言ったんですかね」

「そうかもしれません。有給休暇をとってる人が多い、とおっしゃってましたけど、全員とってるかどうかはわからないですよね」

「そこまではわかりません。もしかしたらとってない人もいるかもしれません」

「全員、正確に言えば、有給休暇を10日以上持つことができる人には5日取らせなさい、なんですね。

有給休暇の日数はこれです。

有給休暇の付与日数は法律で決まっています

(厚生労働省 リーフレットシリーズ労基法39条)

正社員なら6ヶ月目からになりますね」

「なんだ、今まで通りでいいんですね。ちょっとほっとしました」

「よかった」

「すっきりしました。今日も有給休暇をとってるんです。これからコンサートに行ってきます!」

「いってらっしゃい」

今日のポイント

  • 2019年4月より有給休暇を年間10日以上持つ人は、5日以上有給休暇を取るようにと、有給休暇の義務化が始まっています
  • 今まで有給休暇を取っていなかった人も、有給休暇を使って上手にリフレッシュしましょう

ご質問やお問い合わせなどは、以下のフォームからどうぞ。

当サイトは、お客様の個人情報について、お客様の承諾がない限り第三者に開示、提供を一切行いません。ご提供いただいた個人情報を取り扱うにあたり管理責任者を置いて、適切な管理を行っています。

*は必須項目です。

◆ お問い合わせ内容
個別相談についてのお問い合わせセミナーについてのお問い合わせ講師依頼についてのお問い合わせその他、ご質問やお問い合わせ

◆ お名前 *

◆ メールアドレス *

◆ ご質問やお問い合わせの内容をご記入ください。

 個人情報の取り扱いについて、同意の上送信します。(確認画面は表示されません。)

タイトルとURLをコピーしました