【制度の使いこなし方】会社員が持っている特別な休暇~有給休暇~

【カテゴリー】制度の使いこなし方| オフィス・ラ・クレ 2. 制度の使いこなし方

夏季休暇やお盆休みが終了し、今日からいつも通りの勤務でしょうか?それともまだ休暇中でしょうか?

私はお盆中も仕事でしたので、今週お休みをいただく予定です。

ところで、あなたの会社では、夏季休暇やお盆休みは会社の特別休暇ですか?それとも有給休暇の消化でしょうか?

よくわからないけど、休みだからいい?ま、それもそうですね。

今年(2019年)4月に有給休暇の年5日取得義務化というものが開始されたためか、有給休暇についてのご相談を受けることが多くなりました。そこで、ご相談のときに、ちょっとしたアンケートを取ってみました。

  • Q1  有給休暇を知っていますか?

ほとんどの人は知ってると答えましたが、1人だけ「知りません、何ですか?」と答えた人がいました。知らない人の方がめずらしいということですね。

  • Q2 有給休暇を使ったことはありますか?

3分の2の人は「使ったことがあります」と答えました。さらに「持っている有給休暇のすべてを使ったことはありますか?」と聞くと、すべては使ったことはない、と3分の2の人のうち、全員が答えています。

知っていても使ったことはあまりない、それが有給休暇。

「容子先生、有給休暇って、給与明細に書いてあるこの日数のことですよね?」

「給与明細の『有給休暇残日数』。そうですね、この日数が今使える日数ですね」

「で、容子先生、有給休暇って、そもそも何ですか?」

「それはですね」

有給休暇とは、

会社員であれば、すべての方が持っている特別な休暇です。働く日数や時間が短い人はつかない場合もありますが、ほとんどの人は持っています。

ただし、持つためには条件があります。

  • 入社してから6ヶ月以上経っていること
  • 働くべき日数のうち、8割以上出勤していること
  • 1年間で48日以上働く予定であること(1週間1日以上働いていたらOKです)

「一定の日数、6ヶ月間、きちんと出勤して働いたら、6ヶ月目以降は特別休暇をつけてあげるよ、ということですね」

「容子先生、どうして特別な休暇なんですか?会社の特別休暇とはちがうんですか?」

「おっ、いい質問ですね!会社の特別休暇とはちがいます。会社の特別休暇は、その会社でしか使えませんよね?有休休暇は、働いている人すべてが持っている権利で、特別な休暇、という理由は、

労働の基本はノーワークノーペイなのに、その基本からはずれるから

です」

「はい?容子先生、どういうことでしょう?」

「有給休暇を使うと、働かないのにお給料はもらえますよね?給料が少なくなったりしませんよね?」

「あ、確かに。休んでるけどお給料は少なくならないですね」 「本来なら、働かないと給料はないんです。休んだらお給料は少なくなるのが当然です。でも有給休暇を使えば、休んでいてもお給料がもらえる。だから特別な休暇、なんです」

「なるほど、そういうことですか、だから特別な休暇なんですね」

有給休暇の使用日数は、年間で平均9日 (厚生労働省「平成 30 年就労条件総合調査の概況」より) 。

「ところで、有給休暇は1年間に何日くらい使ってますか?」

「えーと、旅行行くときとか、結婚式のときとか、お葬式のときとか?年に5~7日くらいですね。多いときは10日?かな」

「有給休暇を使っている人は、年間で平均9日だそうですよ」

「だったら私は平均ですね」

「でも、ちょっともったいないな、とも思います」

「どうしてですか?」

「これ、有給休暇が使える日数なんですけどね、

継続
勤務
年数
6ヶ月1年
6ヶ月
2年
6ヶ月
3年
6ヶ月
4年
6ヶ月
5年
6ヶ月
6年
6ヶ月以上
付与
日数
10日11日12日14日16日18日  20日

(厚生労働省のHPより抜粋して筆者が作成)

例えば3年勤めている人は最大で23日有給休暇を持っているのに、9日だとすると半分も使っていないですよね」

「本当だ・・・でも容子先生、この日数って毎年追加されるんですよね?3年目なら33日じゃないんですか?」

「ん?毎年追加、33日って?」

「例えば、1年目は10日、2年目に11日、3年目に12日、有給休暇をもらえるんですよね?だったら、毎年追加して33日じゃないんですか?使わなかったら、の話ですけど」

「ああ、なるほど!そう思ったんですね」

「えっ、ちがうんですか?」

「ちがうんですよ。有給休暇には有効期限があって、2年なんです。3年前の分は使っても使わなくてもなくなってしまいます。

例えば、表でいうと3年目の12日が追加されると、1年目の10日は消滅するんです。だから、23日。2年有効のポイントみたいなものですね

「ずっと使えるポイントじゃないんだ・・・」

「不滅じゃないんですよね・・・」

「じゃあ使わないと損ですよね。でも、使いづらいんですよね、理由を聞かれて」

「理由を聞かれるんですか?」

「はい、届出に理由を書くところがあって、きちんとかかないといけないんです」

「えっと、まあ、会社としては理由を把握しておきたいんでしょうけど、有給休暇を使うのに、理由はいらないんですよ」

「えっ?いらないんですか?」

「理由は問われないんです。ですから、会社は理由によっては有給休暇をとらせない、ということはできないんです」

「えー、そうなんですね、理由はいらないなんて初めて知りました」

「ただし、あなたが有給休暇を使うことによって会社が困ってしまう、ということになると、会社は有給休暇をとる日の変更をお願いすることはできますね」

「それ、一回ありました!全員出張とかで会社に誰もいなくなってしまうから、できれば他の日に、と言われたことがあります」

「変更できる日程だったんですか?」

「その日でなくても大丈夫だったので変更しました」

「それならよかったですね。もし変更できない日程なら会社と交渉するしかないですからね」

「急に決まったこと以外なら、なるべく早めに伝えるようにします」

「それがいいですね!」

有給休暇は、ほとんどの会社員が持っている特別な休暇です。

リフレッシュや体調管理など、うまく利用しましょう。

今日のポイント

  • 有給休暇はほとんどすべての会社員が持っている特別な休暇です 。
  • 2年間有効のポイント(日数)です。
  • 有給休暇を使うのに理由は必要ありません

ご質問やお問い合わせなどは、以下のフォームからどうぞ。

当サイトは、お客様の個人情報について、お客様の承諾がない限り第三者に開示、提供を一切行いません。ご提供いただいた個人情報を取り扱うにあたり管理責任者を置いて、適切な管理を行っています。

*は必須項目です。

◆ お問い合わせ内容
個別相談についてのお問い合わせセミナーについてのお問い合わせ講師依頼についてのお問い合わせその他、ご質問やお問い合わせ

◆ お名前 *

◆ メールアドレス *

◆ ご質問やお問い合わせの内容をご記入ください。

 個人情報の取り扱いについて、同意の上送信します。(確認画面は表示されません。)

タイトルとURLをコピーしました