【制度の使いこなし方】年末調整②~年末調整に必要な書類 その1~

【カテゴリー】制度の使いこなし方| オフィス・ラ・クレ 2. 制度の使いこなし方

前回のコラムで、年末調整とは会社員の所得税と住民税の確定申告のことで、会社があなたの手続を代わりにやってくれるもの、とお伝えしました。

今回は、毎年の年末調整で必要な書類についてお伝えします。書類はたくさんあるので、3回に分けてお伝えします。1回目の今回は、必ず提出する書類です。

「容子先生、会社から色々書類をもらったんですが、これ全部書いて出さないといけないんでしょうか?」

「会社から色々書類をもらったんですね。一つずつ、書いて出さないといけないか確認していきましょうか」

「はい、容子先生。まずはこれです」

扶養控除等申告書

(国税庁ホームページより)

扶養控除等申告書ですね」

「あの、容子先生、扶養って何ですか?」

「扶養とは、あなたの収入であなた以外の人の生活を支える、ということですね。この扶養控除等申告書には、あなたの収入で生活している人の情報を書きます

「私には私の収入で生活している人はいないから、この書類は出さなくていいんですね?」

「いえいえ、それはちがいます。扶養控除等申告書は必ず書いて出さないといけません。あなたの収入で生活している人、ここにいますよね?」

「はい?」

「あなた自身がいますよね?」

「あっ、そうか!」

「それと、扶養控除等申告書を提出する理由は、あと2つあります。こちらの方が重要ですよ!」

「どんな理由ですか?」

扶養控除等申告書を提出しないと、

  • 来年の年末調整の対象とならない
  • 来年1月のお給料から引かれる所得税が多くなる

というデメリットがあります」

「年末調整されないと困ります!それに、引かれる所得税が多くなるってどういうことですか?」

「例えば、お給料が200,000円だった場合、引かれる所得税の金額のちがいはこうです。

  • 扶養控除等申告書を提出した場合→5,480円(扶養する人がいない場合)
  • 扶養控除等申告書を提出しなかった場合→26,800円」

「 ええっ?えーっと・・・5倍?」

「そうです、痛いですよね?」

「絶対書いて出します!一番上の氏名とか住所を書いておけばいいんですよね?」

「そうです、印鑑を押すところがあるので書き終わったら押しましょうね」

「はい!」

「それと、書類は消せるボールペンでは書かず、きちんとボールペンで書きましょう

「は?」

「書き直せるから、といって消せるボールペンで書く人がいるんですよ。ほら、それ、消せるボールペンじゃありませんか?」

「あっ、いつもこれで書いているから・・・」

「手続に使う書類は、誰かが勝手に書き直せないようにボールペンで書くことになっています。気をつけましょうね。」

「はい、わかりました。ボールペンですね」「そうそう」

「あっ、容子先生、私、一つ気がつきました!」

「なんでしょう?」

この扶養控除等申告書だけ、他の書類とちがって、来年の分です!令和2年度(※今は2019、令和元年)って書いてある!来年の年末調整や、来年からのお給料から引かれる金額にかかわるからですね?」

「おー、正解です!素晴らしい!」

「やったー!」

「では次回は、保険料控除等申告書についてお伝えしますね」

「はい、容子先生、よろしくお願いします!」

今日のポイント

  • 扶養控除等申告書は正社員なら必ず出しましょう。
  • 扶養控除等申告書を出さないと、来年の年末調整の対象とならなくなったり、お給料から引かれる所得税の金額が大きくなります。

ご質問やお問い合わせなどは、以下のフォームからどうぞ。

当サイトは、お客様の個人情報について、お客様の承諾がない限り第三者に開示、提供を一切行いません。ご提供いただいた個人情報を取り扱うにあたり管理責任者を置いて、適切な管理を行っています。

*は必須項目です。

◆ お問い合わせ内容
個別相談についてのお問い合わせセミナーについてのお問い合わせ講師依頼についてのお問い合わせその他、ご質問やお問い合わせ

◆ お名前 *

◆ メールアドレス *

◆ ご質問やお問い合わせの内容をご記入ください。

 個人情報の取り扱いについて、同意の上送信します。(確認画面は表示されません。)

タイトルとURLをコピーしました