【制度のつかいこなし方】2000万円問題は自分で解決できる~年金③~

【カテゴリー】制度の使いこなし方| オフィス・ラ・クレ 2. 制度の使いこなし方

“老後2000万円問題”が騒がしかった6月。7月に入ってニュースに上がる日は少なくなりましたが、まだ色んなメディアが色んな報道をしています。

金融審議会市場ワーキンググループが出した『高齢社会における資産形成・管理』という報告書の中の記述が発端です。

(老後の)不足額の総額は単純計算で1,300万円~2,000万円になる。

出典:金融審議会市場ワーキンググループ 『高齢社会における資産形成・管理

※()内は筆者補足

『年金は安心ではなかったのか?』『2000万円貯めろとは無責任』という発言がSNS等で相次ぎました。

この報告書自体は、とても大切なことが書かれています。実際に読んでいただくのが一番いいのですが、趣旨は次の2つです。

  • 人生100年時代と言われています。自分が思ったより長生きしてしまうことを想定して、国からもらう年金と自分で貯めたお金の2つを使って豊かな人生作りをしていきましょう
  • 色んな人が自分でお金を貯めるため、金融機関に対して、一人一人にあったサービスを提供しなさい

問題になるようなことは何も書かれていないですよね?

これが問題と言われるまで発展した理由はこれです。

自分が将来もらえる年金の金額を知らない

老後2,000万円が必要な人はこんな人です。

  • 年金は65歳から20万円もらえます。
  • 毎月25万円で生活をしています。赤字はありません。
  • 65歳まで働いて、95歳まで生きます。

この人は、65歳以降1,800万円貯めておけば95歳まで生活できます。

これは、あなたのことですか?

ちがいますよね。毎月の生活費もちがうでしょうし、そもそも、いつまで生きるかなんて誰にもわかりません。金額は平均、寿命は仮定。 こんな話を信用しますか?

これをすべてあなた自身で置き換えれば、自分ごとになって現実味が出てきます。

  • 私は、将来年金を15万円もらえる予定です。
  • 私は、今月17万円で生活をしています。 赤字はありません。
  • 私は、65歳まで働く予定で、95歳まで生きると仮定したら、自分で720万円を用意しないといけません。

これであなたの老後2000万円問題は解決です。老後720万円問題ですね。

あなたの問題が老後何万円問題なのか?

老後何万円問題なのかを知るためには、あなたがもらえる”老齢年金”について知る必要があります。でないと、1つ目でつまづいてしまいますものね。

老齢年金は65歳からもらえる年金のことです。

ねんきん定期便をもとに予定の金額が計算できますよ。計算方法は次回でお伝えしますね!

今日のポイント

  • あなたの“老後何万円問題”を知ろう!自分の安心は自分にしか作れません。
  • 老齢年金の計算はねんきん定期便から。

ご質問やお問い合わせなどは、以下のフォームからどうぞ。

当サイトは、お客様の個人情報について、お客様の承諾がない限り第三者に開示、提供を一切行いません。ご提供いただいた個人情報を取り扱うにあたり管理責任者を置いて、適切な管理を行っています。

*は必須項目です。

◆ お問い合わせ内容
個別相談についてのお問い合わせセミナーについてのお問い合わせ講師依頼についてのお問い合わせその他、ご質問やお問い合わせ

◆ お名前 *

◆ メールアドレス *

◆ ご質問やお問い合わせの内容をご記入ください。

 個人情報の取り扱いについて、同意の上送信します。(確認画面は表示されません。)

タイトルとURLをコピーしました