【お金とのつきあい方】頑張っているのに貯まらない!○○把握していますか?

【カテゴリー】お金とのつきあい方| オフィス・ラ・クレ 3. お金とのつきあい方
  • 収入が少なくなっているから、一生懸命節約しているのにどうして貯まらないの?
  • 貯蓄がなく不安です!
  • こんなに頑張っているのになぜ貯まらない?

どうしたらいいですか?

そういう悩み、不安を持っているあなた、では一つ質問です。

本当に貯蓄がないんですか?貯蓄が少ない、ということではなく?

貯蓄がない、ということと、貯蓄が少ない、ということは似ているようでまったくちがいます。先ほどの質問の答えが、”いえ、ないわけではありません、でも少ないんです”という答えであれば、解決はそうむずかしくはありません。貯蓄が少ないということは、自分が思っている金額よりも少ない貯蓄しかない、ということですから、

  • いくら必要なのか?
  • いつまでに必要なのか?
  • 何のための貯蓄?

など、具体的に考えていきましょう。

貯蓄が少しでもあるのであれば、まず貯蓄ができているあなた自身をほめてあげましょう。それから、あなたが必要な金額に足りていないのであれば、いくら?いつまでに必要?何のために必要?と考えていけばいいのです。

ところが、ここまで来ると必ず突き当たる問題が一つ。

なぜ貯まらないのかわからない

例えば毎月お給料として銀行に入るお金は23万円、そこから毎月3万円を貯蓄しているのなら、1年なら3万円×12ヶ月=36万円貯まるはず。どうして年間で20万円しか貯まってないの?なぜ?という疑問です。

この疑問の答えは一つ。臨時支出を考えていないからです。例えば結婚式などの冠婚葬祭の費用、帰省費用、母の日や父の日、誕生日のプレゼント。などはありませんか?それは毎月の支出には入れられませんよね。となると、どこから支出しているのでしょうか?貯めている貯蓄から支出しているのではないでしょうか?毎月コツコツ3万円貯蓄しても、その中から臨時支出を出してしまえば、トータルの貯蓄は36万円より少ない。思ったより貯まらないわけです。

毎月コツコツの貯蓄36万円から、臨時支出として例えば10万円が支出するのであれば、36万円-10万円=毎年26万円の貯蓄と考えて貯蓄計画を立てると、貯蓄がない、貯まらない、という悩みからは解放されます。

でも、臨時支出はどのくらい出るか予想できない?そんなあなた、臨時支出を出す別財布=生活防衛費を貯めた財布を作りましょう。その中から臨時支出を出すことにすれば、毎月コツコツの貯蓄=思った貯蓄金額になりますよ。生活防衛費についてはこちらのコラムをどうぞ。

ご質問やお問い合わせなどは、以下のフォームからどうぞ。

    当サイトは、お客様の個人情報について、お客様の承諾がない限り第三者に開示、提供を一切行いません。ご提供いただいた個人情報を取り扱うにあたり管理責任者を置いて、適切な管理を行っています。

    *は必須項目です。

    ◆ お問い合わせ内容
    個別相談についてのお問い合わせセミナーについてのお問い合わせ講師依頼についてのお問い合わせその他、ご質問やお問い合わせ

    ◆ お名前 *

    ◆ メールアドレス *

    ◆ ご質問やお問い合わせの内容をご記入ください。

     個人情報の取り扱いについて、同意の上送信します。(確認画面は表示されません。)

    タイトルとURLをコピーしました